スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
レディースカップ(4)
さてさて、4回にもなってしまった、レディースカップ参戦記です。


このまま、5位以内を目指して・・!と意気込んだ4回戦。





また、西家スタートです。(西家の呪いですね。。)


まずは、東場の親番。

なんとかここで和了たいところ。



対子手だった手が縦に伸び、巡目はキツかったですが、こんな手。




七筒七筒七筒八筒八筒九筒九筒九筒二萬二萬三萬東東



そこへ、東が出たのですかさずポン。もちろん1鳴きです。


出和了12000、ツモれば6000オールの手を聴牌です。



12巡目、持ってきたのは九筒




ノータイムで暗槓しました。





七筒七筒七筒八筒八筒二萬二萬 裏九筒九筒裏 東東東



周りからすれば、八筒も使いにくくなる上、親満確定手に向かってきて貰うのはこちらとしては好都合・・と思いましたが、

今考えるとどうなんでしょう?

暗槓で符が上がり点数が上がるなら、確実に良いとは思いますが、、(5800が12000になるとかでしたら)


七筒だったら確実に暗槓するにして、九筒の暗槓はどうだったんでしょうか。



その2巡後、リーチが入り、私が振込みました。


本来3900で済んだ手を8000にしてしまいました。



この時の、暗槓についてどう思われますでしょうか(´・ω・`)


これだけは、今になってもどう打つべきだったのか、ちょっとわかりません。




南3局。


配牌どうしようもなくて、チートイか国士を狙ってました。

私が場にマンズを安くしたせいか、場は中張牌とマンズがかなり安い。


でも、私の手は思ったように伸びなくて、一度切った四萬を10巡目にもう一度持ってきたとき、何となく止めました。

周りのマンズはほぼ純カラだけど、なんとなく、もう切らないって思ったんです。


12巡目、そこへ親リー。


安牌なんていっぱいあるくせに、なんとなく、通りそうな牌をちょこちょこ出す私w

チートイ2シャンテンで、行くつもりもないんですけど。あわよくば聴牌狙ってます。



そこに、対面が暗槓。




次巡、もひとつ暗槓。





ちょwwwwやめてwwwくれwwww




ベタ降り決定。

お願いだから、親の人ツモらないでください。本当にお願いします。


と思いつつ、流局。



親と対面の手が開かれる。


親、4マンと1ピンのトイトイ三アン(ツモスー)、対面、白単のスッタン。




ちょwwww当たり牌全部私がもってるんですけどwwwww


ホントやめてくださいwwww


親リーに微妙に歯向かってホントすみませんでしたあああ







さてさて、私だけが沈んでいる状態でのラス前。私の親番です。


なんとしてでもここで和了らないと、私に目がなくなってしまいます。




9巡目でやっと1シャンテン。


七筒七筒八筒二索二索二索六索六索七索七索八索八索中 ドラ中


願う気持ちでくっつき待ち。


ただ、場が対子場で必要牌がどんどん枯れてく。。




そこへ、11巡目に、私の上家がリーチ。



もう、ホント、願いながら全ツッパww



13巡目に、一番欲しい牌の中



神様っていたんだね。ありがとう。



と、七筒切りリーチ。



場に6ピンは見えていないけど、9ピンは三枚。

8ピンは私から見て2枚。7ピン1枚。



ただ、ピンズの上は場に安い!!!


私の河は最後の7ピン以外ピンズなしwww




9ピンは絶対まだ山にいる!!





もう、内心バックバクっすよ。

きっと、ほかの二人が9ピン掴んでも出さないから。




そして、3巡後、上家の方が9ピンを掴んでくれて、12000を和了。



上家の方は1?4?7マンだったらしく、枚数的に見てもそっちのほうが多いのに、よく私和了れたなぁ・・






そして、親が流れてオーラス。


前の12000のおかげで、平たくなれた。


TOPとの差、1000点。

3着目との差、3500点くらい(オーラス親)




和了ればいい。



そんな、私に、配牌から中が対子でくる。




そして、4巡目に中を鳴く。



二索三索一筒三筒四筒四筒五萬五萬西南 中中中


しかし、親がソーズのホンイツ仕掛け。





1ソウを引っ張ってきて、5マンを重ね、聴牌。



そこに、上家から4ピンが出る。




邪な考えで、それをまた仕掛ける。

間2ピンから3ピン単騎に待ちを変える。



一索二索三索三筒五萬五萬五萬 四筒四筒四筒 中中中




そして、親のツモ切り二筒



うわああああ、私マジ死ねばいいのに・・orz




自分から四筒三枚見えてて、親がソーズってことは、普通に二筒だって山にありそうじゃないか。。


そうやって、ツモじゃなくて、人からの和了を考えてるから失敗するんだよ。。




そして、4巡後、掴んだのが一索


ソーズ仕掛けの親に鳴かせたくない。



とりあえずは三筒切り。



次巡、親がもう一つ仕掛ける。



裏裏裏裏裏裏裏 二索二索二索 東東東






対面も上家も、もちろん行く気満々だ。

それはもちろん私も同じ。


ただ、親に和了られれば、終わってしまう。。



次巡、掴んだのは、初牌の白。


一索一索二索三索三筒五萬五萬五萬 四筒四筒四筒 中中中 ツモ白







・・・選択肢は二つ。


1.ツモ切る。


2.場に1枚も見えない1ソウを切る。




ん?ほかの牌を切って回す?降りる?ないっすよ。そんな選択肢。






ツモ切りました!



その牌に発声はなく、親も手出しで合わせ打ち。



そして、次巡、手出しで親が七索



・・・確実に聴牌だ。





同巡、対面がソーズを切る。



一索





「ロン」
「ロン」




二つの発声が重なり、上家取りで私が手牌を開ける権利を得た。



「あー、上家取りかぁ・・」
と親が呟く。







最後の最後まで苦しんだ4回戦でした。




こうして、店舗5位に入り、表彰も受けました(この店舗から総合優勝が出たので表象は4位としてされました)。



たくさん失敗をしたけど、もっといい成績を残せたかもしれないけど、

そのときの私は充実感で幸せで胸がいっぱいでした。



私より上位者の方々にも心から拍手を送りました。

悔しいとかそういう気持ちは一切なかったですね。


先生に『幸せ^^』ってメールを送ったら

「悔しいって気持ちはないのか」

と言われましたが・・



今回は、自分の満足行く結果が出せて悔しいという気持ちより満足感で溢れました。




自分の弱さについてもよくわかりました。

やっぱり大きな場にいくといつもとまったく同じには打てない。

いつもより突っ張ってたかもしれませんw


でも、それも含めて自分自身だ、と認めて、これからもその弱さを克服すべく修行あるのみです。




こんないい経験をさせてくれた先生と、けんこう麻雀教室に感謝です。

どうもありがとうございました。



ここまで読んで下さった皆様にも感謝です^^



次は、プロ試験。頑張ります!!
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

[2008/09/04 05:13 ] | リアル麻雀 | コメント(15) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。