スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
麻雀は一人でしているわけじゃない。
私は、プロ試験に受かってから特に、一打に意味を込めて打つようにしている。

でも、それでも意味を込めたつもりの一打が裏目になってしまったり、
温いと思われる打牌をしてしまったり・・


まだまだたくさんの修行が必要だ。





前回のオバカミーコの話、覚えていますか?


寧香さんが優勝が決定したお話。



お話的にはツボミちゃんがまだ未熟であるがため、寧香さんの優勝を決定させてしまった・・というお話でしたね。

それをミーコは受け止めきれず、ツボミちゃんに対して苛立っているところに波溜師匠がミーコを諭します。



ちょっと全部の台詞を覚えているわけではないので、見てない人は読んでみてくださいw




あまり、誰からもその話はされなかったし、私自身も先生に少し話しただけだけど、私はこの話にすごく共感した。


麻雀を長く続けている人なら誰しもが感じた事があるんじゃないでしょうか。


「(他の人が)振り込まなければ」

「(他の人が)鳴かせなければ」



私も、感じた事があります。

大切な場面なら大切な場面なほど、それを痛いほど実感する。



でも、それを思ったのは一度だけ。・・・まぁ、大会の時です。何の大会だかは伏せますね。

これから先には、その気持ちは抱かないようにしたいです。



色んな人が同卓する中で、その中で勝てる事が本当の強さだと思います。

例えば、自分から見れば、あり得ない打牌に見えたとしても、その人にはその人の考えがあっての打牌であって。


例えば、ラス確和がりについてもそうですね。

ラス確和がりをされる前に、TOPに立てない自分が弱いんです。




まぁ、漫画の中でのつぼみちゃんは確かに未熟だったかもしれないけど、それを負けた言い訳にしちゃいけないと思います。

勝った寧香さんが、強かっただけの話です。




私は、負けた言い訳を他人のせいにするような事だけはもうしたくない。

過去に一度だけ思ってしまったけれど、もうそんな事はしたくないです。




そして、そのお話関連(?)で。



麻雀は自由な打牌がもちろん許されますよね。


麻雀には、パオ以外に責任っていう概念はないし、何してもいいと思うんですよ。

ドラを鳴かせるだけ鳴かせてベタ降りとか、下家に鳴かせるだけ鳴かせてベタ降りとか。。



でも、私は、自分の打牌に責任を持ちたい。

まぁ、時と場合によってはやるかもしれませんが、それは私の中できっと意味のあること。


麻雀は一人でやってるわけではないから。

自分勝手に麻雀を打てば、成績は伸びるかもしれない。自分は楽しいかもしれない。


でも、それよりも、自分は同卓した人がまた打ちたいって思ってもらえるような打ち手になりたい。

自分の納得のできる打牌と麻雀で、もっともっと成長していきたい。



私の好きな、強い打ち手のかたがたは少なからず、それが出来ている。

だから、私ももっと強くなるために、色んなものを見ながら、考えながら・・成長していきたい。



でもね、勝ちにかける執着心は絶対に忘れちゃ駄目だ。って思った。
自分が和がりたい時は絶対に曲げちゃいけない。



↓たまには真面目な話もしていいですか?w

banner_02.gif


スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

[2008/10/08 17:58 ] | 麻雀全般 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。