スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
自信。
私は、麻雀においてまだまだ分からないことだらけだし、


決して「上手い」とか「強い」わけではないだろうけど。。



それでも、ここまで学んで来た事に対して、ある程度の自信は持っています。



それは自分自身に自信があるとか、そういうことではないんだけど・・


表現が難しいなw




リーグ戦では、今の自分で出来る精一杯をやってきたと思ったんですよ。


だから、今回の結果は満足しているのに、先生ときたら


帰ってきた私に対して


「弱いねー」


ちょっとムッときて


「でも、自分自身この結果は自分なりに上手く打てたので満足してます。」


「でも、上手いと強いは違うだろ」


とか、言われて。


その上、他のお客さんにも、負けてきて弱いだの、もう昇級は無理だね、だの・・



沸点がそう高くない私はイラっとするわけですよw




イラッとはしたんだけど、


でも、多分、先生の言っていた事の真意はそこじゃなくて・・








「相手が誰だったか知らないけど、お前がきちんと打ってマイナスになるわけないんだよ。」




私を信頼してくれてるからこそ、私のマイナスが私と同等に悔しかったのかもしれないです。




「まぁ、そうだなぁ。お前の場合はあと5%くらいリーチが減るとバランスいいかもな。

半荘に1回くらいな。」






実際、前回のブログの2?5pのリーチで先生とはかなり議論したわけです。


私は、場に高いピンズだとしても、5pをツモった時の2000?3900を逃すことの方が後悔だと思った。

だからリーチを打ちました。


でも、先生はこのリーチは打たない方がいいんじゃないか、と。



実際、12000を打ったわけですが・・


まぁ、この点数分が今回の沈みポイントになってしまったので、このリーチは間違いだったのかもしれません。



でも、今の私の引き出しで考えるとこれはリーチを打つところだった。


半荘の中で、この一回しか勝負手入らなかったからね。


勝負すべきところだと思ったんですよ。



ここで浮いてたらリーチはかけないんですけどね。。


難しいですわ。。はい。





今は、ダンヒルの兎・横井君に貰ったアドバイスを元に麻雀を打っています。


「死ぬときは死ぬ」!!



私は、ほぼ全局参加して、自分自身いけるところまで攻める(例え形式聴牌であろうと)っていう打ち方が主だったので・・



死ぬときは役牌を抱えたまま死ぬ(降りチートイか降りホンイツに向かう)っていうのもちょっとやってみます。




まぁ、昨日それを実践しながら打ったら成績良かったんですけどねw



421121



最初の4とかめっちゃ理不尽だったしww


S谷さんが仕掛ける度、リーチの私に先生の当たり牌を持ってこさせるっていうねww


一回は、ハイテイにドラの東単騎・・12000。


もう一回は、先生の(親)追っかけリーチにS谷さんが一発消しで私が掴み・・・リーチ裏3^?^




飛び終了?♪







私はここまで麻雀だけのためにほとんどの時間を費やしてきて、やってきた事には自信がある。


だから、自分が良かったのか、悪かったのか、の判断はつくつもりです。



でも、麻雀ってほんの少しのバランスで凄く変わってしまうものだとも思っています。




自分自身のバランス調整の道は、まだまだ続きます・・
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

[2009/05/13 13:17 ] | 麻雀全般 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。