スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
王位戦!
王位戦に参加してきましたー。

高崎の?4℃にて!



さてさて、先生に車を運転して貰い、私はグッスリ睡眠www


いやいや、先生が「お前は万全の体調で出ろ」と、仰ってくれたので、ですからね><><



そして、到着。
先生はユンケルが切れたらしく機嫌最悪。


とりあえず、お店に入り、待っていました。


今回「王位戦参加」を後押ししてくれた連盟の河井プロがわざわざ挨拶に来てくれました。
初対面だったのですが、凄く感じのいい方でした^^


?4℃の大川プロも優しく話しかけて下さいました^^



同じ25期研修生のI君も出場していて、初めてお話したり。

たくさんの方とお話することが出来ましたーw




そして、王位戦本番!

・・・参加者10人。3卓・・・!少なっww


ちょっと、これは正直、次に進めるのが一人だとしてもチャンスはあるんじゃ・・!?
と思いました。





「人数少ないし、行けるかもしれませんね!」


「気持ち悪い。俺は無理」


「^^;;;」





そんな会話を先生として、最初の半荘先生と同卓。



自分の競技麻雀の下手さ加減を感じました。接戦のラス。っていうか、ノー和了・・・orz



先生は、チートイドラ単でリーチかけてツモって親被りさせるんだもんなぁ^^;;


その時は、ドラ表、間5でずっと三色でテンパっててダマにしてたけど、追っかけてしまいました。



その後も、先制聴牌を取るもののツモれず・・

本当にツモれない日でした。なみだめ。



2戦目。


ノー和了の接戦ラス^^;;;;;


今度はもっと酷く、聴牌すらほとんど取れず。。


オーラス親番だったので既に9巡目で形式聴牌を取りにいってるのに(相当手が酷かったので)、聴牌せず・・orz




まぁ、なんていうか、先生が2トップを取り、決勝のボーダーを下げてくれていることだけが唯一の救い!



3戦目は高い手を狙い続けるぞ。と心に決めて。



しかし、オーラスですら悠著に高い手を狙い続けていたら、捲くられそうにw

ここでただのTOPを取っても駄目だってわかってはいたけど、500?1000をツモりました・・><。



当然、ボーダーに届くわけがなくw

でも、決勝へのボーダーは+5Pと相当低いものでした。

先生が3連勝してますからね^^;;;


先生いわく、3回戦の対戦相手がかなり打てる人だったから、本来は流せばいいんだけど、決勝卓で同卓したくなかったから。とのこと。

私も言ってみたいです。w




私は、今回の大会には「悔しい」って気持ちはさほどなくて・・


なんていうか、自分の未熟さ・経験値の低さを感じるいい大会になりました。


もっともっと色んな場を踏んで強くならなきゃいけないと思いました。



そして、今回のわかりやすいミス。一例。


高い手しか狙わないぞ。と心に誓った3戦目。



四萬四萬五萬五萬六萬六萬五筒五筒六筒六筒六筒七筒七筒 ドラ五筒


もちろんダマなわけですが・・

この、よくパズル問題に出てくる待ちになり、高め二盃口になり、ホクホクと待っていたわけですが・・


正直、後々考えるとこの待ち全然良くないよね・・


だったら、ツモれそうでかつ和がれそうな単騎の牌を探して、リーチすべきだった。
二盃口確定もさせられるし。


結局流局の4人聴牌。

ただみんなこの辺で待ってたのに笑ったw


5pとなんかのシャボ。間7p。7pとなんかのシャボw


ここまで固まるのも珍しいですね。
フリーだったらみんなリーチしてるのかもね。




そして、決勝が始まり、私は先生の後ろから観戦。


正直、私がドキドキしすぎて手が震えてしまった。



初っ端から先生の下家が8000・3900を和がり、乗ってるモード。
先生の下家のイケメンお兄さんは、かなりの攻撃型に見えました。



そして、東3。先生にチャンス手が入る。

配牌の牌姿をしっかり覚えているわけではないので、ちょっと曖昧ですが、すみません><


ドラ1sのソーズ7枚。一索四索五索六索七索八索九索

あとは、字牌がパラパラ。両面ターツの面子が一つ。みたいな感じ。


私の知ってる先生は、もちろんここから字牌を外してはいかない。

そして、ソーズの伸びを確認して、両面ターツに手をかける。


そして、神ツモを繰り返し、5巡目聴牌。


一索二索三索四索五索六索七索八索九索西發發發


最終入り目が發という

素晴らしさ。


TOP目の現物であることから1巡ダマで回す。


そして、TOP目が仕掛けをいれ、七索ツモ切りリーチ!



ホント、この瞬間の私は手が震えてた。

競技ルールで倍満確定リーチ。
多分なかなかお目にかかれない。


そして、先生の和がりを願った。


リーチ後先生の上家が5mをポン。待ちは2?5?8m。実質2m8mだけど^^;


そして、切った牌がドラの一索


くはぁ・・ムンクの叫びばりの心境。


タンヤオのみでがんばるお兄さんが素敵です。



これは、和がり逃しじゃない・・西は絶対に和がれる・・!





そして、結局、先生の対面からツモ切りで西


16000を先生が和がり切った。

恐らくそんなに向かっていたわけでもない対面はちょっと可哀想である・・(´・ω・`)
私もそんな巡目のリーチ一枚切れの西なんてベタ降りしてなきゃ打つわ。。



これで正直、イケメンお兄さんと先生の二人の勝負になる。と思いました。




そして、南2局。


タンヤオで頑張ってたお兄さんが、發を仕掛けた小三元ホンイツの12000を和がる。


真っ直ぐだから、手が凄く伸びるんですね。



ちなみに、その時、先生はチートイドラドラの白単騎。しかし頭ハネでした。


まぁ、發を仕掛けて場に中も白も見えてないので白が切れなかったんですね。

頃合の牌は途中たくさんあったけど、やっぱりあそこで白を打たないのはプロの打ち方なのかもしれません。

確かに、後ろ見していたお兄さんが言った通り「8p」がいい待ちだとは私も思ったけどね。

先生もいい待ちだとは思ってたみたいです。



そして、展開がわからなくなってきたラス前。

先生の対面は既に1万点借り。そして、他の3人は4万点付近の僅差です。



しかし、その対面が親で東を仕掛け、ドラ3の11600をイケメンお兄さんから和がる。


「はいっ、お疲れ様でしたー^^^^」


自分で戦線離脱宣言しましたwww




そして、オーラス。


先生とタンヤオお兄さん(名前がだんだん略されてくww)の実質一騎打ち。


先生が暫定TOPで、3000点差。


ただこの競技ルール、聴牌・和がりやめが出来ない。

つまり、ラス親はノーテンと言わない限り局を終了出来ないのだ。



その分先生がかなり有利。




先生の配牌を見るのに力が入る。


お願い・・!和がりやすい配牌きて・・・!!!




なんと中が対子で第一ツモでアンコになる。




しかし、親もマンズに走り、もちろん諦めていない。



こんな時に(?)鳴きたい必要牌は出ず、いつの間にか四暗刻1シャンテン。


二萬三萬一索一索四索四索四索五索五索中中中北 ツモ三萬


ここで、先生は三萬を切ります。


親がマンズ気配で(確か両面を一個仕掛けてます)、自分が二枚持っている三萬のほうがより鳴かれる可能性が低いから、とのこと。

そして、北が親の安牌であることから広く受けたくなかった、とのこと。
待ちを1?4mにするために早めに3mを切って迷彩にも・・と。



でも、私はこの打三萬がこの半荘で唯一納得がいかないものであった。


自分なら、北を切る。


打ってる人しかわからない感覚もあるのはわかるが、手が縦に伸びているときは素直に縦に伸ばしてあげたい。


ただ、私は、手牌の事を述べているだけで、戦略的なものの話ではない。


先生はこの場は最低ノーテンでもいいのだ。という気持ちもあったかもしれない。




ちなみに親の手牌も見えている。

1mが対子に4mがアンコ。


尚更3mを手の内に残して欲しい。と、おもってしまったのかもしれない。




そして、その巡目に親が1mをポン。

そして、先生に喰い流れて来た牌は・・・皮肉にも三萬だった。




カッコイイじゃないですか。

和がりトップなのに「ツモ。8000?16000」なんて。



そうじゃなくても場に安いソーズのシャボ待ち。悪くないはずだった。



泣く泣く3mをツモ切った。


そして、次巡持ってきた6sと北入れ替える。そして、次巡6sをチー。


1?4mの聴牌。


1?4mは私から見える範囲であと2枚しかない。


マンズが高くなる中、この待ちは・・・










と、私の考えとは裏腹に、先生は1mをツモり、優勝した。


でもね。

私は先生が優勝して、まず駄目だしをしてしまったけどw
結果、四暗刻にならなくて良かったのかもしれない。


だって、2mが出ると、親がチンイツ聴牌だったから。



私は、本当に感覚だけど、四暗刻はツモれそうな気がしてた。
5sは山読み出来なかったけど、1sは恐らく全山じゃないかな?



でも、親とのツモ勝負なんて・・しないほうが良かった。

先生にああは言ったけど、先生の選択はきっと正しかった。


私があの席に座っていて、同じツモ同じ配牌を貰っていたら・・きっと優勝はなかった。


きっと、あの2mを放って、親とのツモ勝負に負けてしまう気が、今はするんだ。




実力の差が、一度や二度の勝負で決まるわけじゃない。


でも、勝負の場に置いて、何回勝負であろうと、勝った人は勝つべくして勝ったんだ。

一回戦での勝敗は、勝った人がただ強くて、負けた人がただ及ばなかった。それだけだとおもう。




先生は勝つべくして優勝したのだから、次も頑張って欲しい。


私も、もっとたくさん経験を積んで、強くなるぞv





↓次はタイトル獲るぞー!!って気が早い!!っておもったらクリック><><

banner_02.gif



スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

[2008/10/21 00:11 ] | リアル麻雀 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top
<<たまには麻雀以外の話。 | ホーム | ロン2♪>>
コメント
銀狐さんはワシズ様の末裔なきがしてなりません。

もしユンケルが切れてなかったらどんな鬼和了りを見せてくれるのでしょうか(´・ω・)

あ、四暗刻イーシャンテンは北切ります。

四暗刻とかいらないんですが、聴牌チャンス多いんで。

和了りトップで四暗刻聴牌してもシャンポンなんで別にうれしくないですが(´・ω・)
[2008/10/22 00:36] | URL | DeLonge #sbNvlwVY [ 編集 ] | page top
勝てたのはたまたまですよ。
DeLongeさん。

ちなみに、オーラス、北は親の第一打でした。
3巡目に3万切りか北切りの選択がありましたが、
オーラス上記になっているわけで、もし親から
リーチが入った場合、受けがまったくない格好に
なってしまうということの一打です。

その日で最高の一打だったと思いますよ。
決勝で何がおこるかわかりませんからね。
[2008/10/23 00:33] | URL | 銀狐 #- [ 編集 ] | page top
また見させていただきました!
応援ポチッ!!!
[2008/10/23 02:26] | URL | サトシ #- [ 編集 ] | page top
こんにちは、いつも拝見しております。これからも遊びにきます☆
[2008/10/24 18:04] | URL | ハナエ #- [ 編集 ] | page top
>>銀狐さん
親の現物なかったんですね。
てか親が万子染めてて2mか3mが絶対出て行くんだからまだポンされにくい3m先切りが防御も考えると最高ですね。
ということはちゃんと記事のほうにも書いてある……と。
すいません、ちゃんと読んでなかったです><
[2008/10/25 08:19] | URL | DeLonge #sbNvlwVY [ 編集 ] | page top
DeLongeさん

先生はホントに普通の人ですよww

たまーに覚醒モード入るとカッコイイです。でもたまにしか覚醒モード入りません^^;;


まぁ、四暗刻になったとしても、3-6sとの待ち振り替えも出来ますからね。
ソーズは基本的によさそーなイメージでした。


サトシさん

ありがとうございます^^
頑張ります♪


ハナエさん

更新頑張りますので宜しくお願いします☆
[2008/10/25 12:49] | URL | ゆーみん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yuumima.blog66.fc2.com/tb.php/110-5db230a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。