スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
自信。
私は、麻雀においてまだまだ分からないことだらけだし、


決して「上手い」とか「強い」わけではないだろうけど。。



それでも、ここまで学んで来た事に対して、ある程度の自信は持っています。



それは自分自身に自信があるとか、そういうことではないんだけど・・


表現が難しいなw




リーグ戦では、今の自分で出来る精一杯をやってきたと思ったんですよ。


だから、今回の結果は満足しているのに、先生ときたら


帰ってきた私に対して


「弱いねー」


ちょっとムッときて


「でも、自分自身この結果は自分なりに上手く打てたので満足してます。」


「でも、上手いと強いは違うだろ」


とか、言われて。


その上、他のお客さんにも、負けてきて弱いだの、もう昇級は無理だね、だの・・



沸点がそう高くない私はイラっとするわけですよw




イラッとはしたんだけど、


でも、多分、先生の言っていた事の真意はそこじゃなくて・・








「相手が誰だったか知らないけど、お前がきちんと打ってマイナスになるわけないんだよ。」




私を信頼してくれてるからこそ、私のマイナスが私と同等に悔しかったのかもしれないです。




「まぁ、そうだなぁ。お前の場合はあと5%くらいリーチが減るとバランスいいかもな。

半荘に1回くらいな。」






実際、前回のブログの2?5pのリーチで先生とはかなり議論したわけです。


私は、場に高いピンズだとしても、5pをツモった時の2000?3900を逃すことの方が後悔だと思った。

だからリーチを打ちました。


でも、先生はこのリーチは打たない方がいいんじゃないか、と。



実際、12000を打ったわけですが・・


まぁ、この点数分が今回の沈みポイントになってしまったので、このリーチは間違いだったのかもしれません。



でも、今の私の引き出しで考えるとこれはリーチを打つところだった。


半荘の中で、この一回しか勝負手入らなかったからね。


勝負すべきところだと思ったんですよ。



ここで浮いてたらリーチはかけないんですけどね。。


難しいですわ。。はい。





今は、ダンヒルの兎・横井君に貰ったアドバイスを元に麻雀を打っています。


「死ぬときは死ぬ」!!



私は、ほぼ全局参加して、自分自身いけるところまで攻める(例え形式聴牌であろうと)っていう打ち方が主だったので・・



死ぬときは役牌を抱えたまま死ぬ(降りチートイか降りホンイツに向かう)っていうのもちょっとやってみます。




まぁ、昨日それを実践しながら打ったら成績良かったんですけどねw



421121



最初の4とかめっちゃ理不尽だったしww


S谷さんが仕掛ける度、リーチの私に先生の当たり牌を持ってこさせるっていうねww


一回は、ハイテイにドラの東単騎・・12000。


もう一回は、先生の(親)追っかけリーチにS谷さんが一発消しで私が掴み・・・リーチ裏3^?^




飛び終了?♪







私はここまで麻雀だけのためにほとんどの時間を費やしてきて、やってきた事には自信がある。


だから、自分が良かったのか、悪かったのか、の判断はつくつもりです。



でも、麻雀ってほんの少しのバランスで凄く変わってしまうものだとも思っています。




自分自身のバランス調整の道は、まだまだ続きます・・
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

[2009/05/13 13:17 ] | 麻雀全般 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top
<<久しぶりの長時間セット♪ | ホーム | プロリーグ二節。>>
コメント
 今回の記事を読んで、もう一度前回のものを読み返してみました。
 ゆーみんプロのブログを楽しみにしている方は皆そうかと思いますが、「自分ならどうしただろう?」という風に考えてみました。

 結論的にはゆーみんプロの先生と同じくリーチはかけない、でした。

 場にピンズが高いのであまりアガリが期待出来ない。染め手をやっている人に追っかけられたら寒い。もしその染め手をやっている人がマンズ、ソウズの染めだったなら、警戒した他家からポロリが期待出来る。同じ色の染めなら尚更アガリにくい、といった理由で降りられなくなるのでリーチはかけないと思いました。

 後、タンヤオがあるのでヤミのまま上がれることと、ヤミであがった場合の相手への印象が違ってくると思います。
 「この人はテンパイ即リータイプ」と思われるとメンゼンの場合リーチをかけないとあまり警戒されなかったりもすると思うのですが、ヤミで上がることが多い人に対しては中盤でど真ん中の中張牌を手出しされると、それだけで警戒心が普段より増し、自分が手になっていなければ降りを考えさせられます。

 まぁ。あくまでも素人の私の場合はですけどね(笑) 南2ではあまり焦らないので。
[2009/05/13 15:06] | URL | 雀BOY #- [ 編集 ] | page top
お疲れ様でした^^
「小さな自信」がやがて「大きな自信」と
「揺れない心」を育てていくんだと思います。

私もボランティアで障害者に麻雀を教えて
いますが。。。
「全局上がろうと思うのは=いびつな考え方なんだよ=4人で戦っているんだから。。。」
「単純計算でも=交代に=半チャンのうち2回あがれば=OKなんだから。。。」
と言ってます。

後は。「天運・地運」の考え方を取り入れることでしょうかねえ。。。
詳しくは「雀鬼語録」でも読んでみて下さいね。
[2009/05/13 18:19] | URL | 本間 ゆうた #- [ 編集 ] | page top
雀BOYさん

いつも書き込みありがとうございます^^


そうですねー・・
この手は、今同じ状況になってもリーチをかけるかけない・の判断が同じに出来るかわかりません。


ただ、自分自身の中の「決め」のようなものを守る事は大切だと思っています。

この時の私の状況判断で「2-5pを持ってきた場合はリーチしよう。」と、思っていたので、その時の私の判断はそれだったんだと思います。


もっと嗅覚が効いていれば、リーチという判断を取らなかったかもしれませんし、今となってはわかりません。



ただ、Aルールというものに固執しすぎていたように思います。

ちなみに、点数が浮いているようだったらリーチはもちろんかけません。


これからは、もう少し、自分らしく打っていこうと思います。

真剣に考えて下さってありがとうございました^^



本間 ゆうたさん

最近お会い出来てないですね><
お元気ですか?


へー!!ボランティアでそのようなことをなさっていたのですか。すばらしいと思います!


そうですね。全局あがりは、普通に考えれば無理なことです。

でも、初心者のうちは、全局あがろうって思うくらいのほうがいいかなー?とは思いますけどね^^



私は基本的な考えはデジタルでやっていますから、そのような考え方はほとんどしないですね。

ただ、今の私がそれを取り入れても強くなるかどうかは甚だ疑問ですので、
もう少しこの道を進んでから、考え方として取り入れてみようとおもいます。
助言ありがとうございます^^
[2009/05/22 23:36] | URL | ゆーみん #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yuumima.blog66.fc2.com/tb.php/179-8080c16d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。